爪って呼吸してますか?

健康法

2013年3月26日のブログアーカイブです。

爪は呼吸しているの?| 爪のお悩みまるごと解決

爪のお悩みまるごと解決ビックリマーク

「爪は呼吸しているのですかはてなマーク

「接着剤を付けると爪の呼吸を妨げるので。。。」(ギターで爪の補強をされる方)

答えは

爪は呼吸していません

爪のお悩みまるごと解決  kainaで健康で元気な爪を創ろう-爪は呼吸していません

呼吸というのは酸素を取り入れて、二酸化炭素を排出することです。

そういう点では爪は呼吸をしているとは言えません。

爪(爪甲)は透過性が高く簡単に水分を通す性質があります。

なので長くお風呂に浸かっていたり、プールで泳いだりすると爪(爪甲)が乳白色のようになり柔らかく感じるのはそのためです。

透過性があるので、水分を蒸発させることも得意です。

爪(爪甲)が薄ければ薄いほど蒸発量は増え、爪(爪甲)に厚みがあれば蒸発量は少なくなります。

では、どこの水分が蒸発するのでしょう?

それは上記のイラストの黄色い部分の爪床の水分です。簡単に言えば爪(爪甲)の下にある皮膚ということになります。

この部分に水分が多い方(手に汗をかきやすい方、いつも手が湿った感じの方)は爪(爪甲)にも水分が多く含まれることになります。爪(爪甲)に水分が多い方の爪は比較的柔らかく、上向きに生えやすい傾向があります。

指先が乾燥している方は、爪床の水分が不足していることになるので爪(爪甲)の水分も減りもろく弱くなり内側に巻きやすい傾向があります。

マニキュアをしたり、接着剤をつけたとしても爪は呼吸をしていないので問題ではありません。

何が問題かはてなマーク

それは除光液を頻繁に使うことで爪の表面の水分や油分を奪い取ってしまうからです。

除光液や接着剤剥がしを使用した後は必ず1度水洗いして、よく水気を拭き取って

その後爪の根元にkainaデイクリームを爪の根元に揉み込んで保湿をしましょう

5分ほど置いたら爪表面の油分をコットンで拭き取ればベースコートをつけてもよれる心配はありませんカイナクリーム

爪が呼吸していない理由はおわかりいただけましたか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました