自爪改善の【専門家】が爪の悩みを解決!kainaを使った健康な爪づくり

【参考画像】爪先まで爪が張り付かない深爪、爪先から爪が剥がれる、アトピー性皮膚炎でガタガタした爪、剥離してくる爪、爪が分厚く変形する手の症例

爪先まで爪が張り付かない深爪と爪先から爪が剥がれるとアトピー性皮膚炎でガタガタした爪と剥離してくる爪と爪が分厚く変形する手の症例

あなたは、どのような爪の悩みをお持ちですか?「爪をいじっていくうちに生えなくなっちゃいました」「親指が昔からデコボコした爪しか生えなくて」なんて聞くと驚くかもしれませんが、病院で治せなかった爪や自分で治せなかった爪を対象に、26年近くネイルサロンしている私(株式会社kaina代表でもあり自爪改善専門の技術者)からしてみると通常通りに頂くご相談です。

爪のことが気になり検索はしてみたものの、思い通り、理想通りの情報を見つけるのは、爪に関しては非常に難しいかと思います。ここでは、「私のようなこんな状態でも理想的な爪に治す事ができるでしょうか?」といったご質問やお問合せに応える共通点がありますので、最後まで目を通して頂ければ沢山のヒントや心がけが身につけられるかと思います。

爪の悩みがありネイルケアで健康な爪に修復した症例

【参考画像】爪の悩みがありネイルケアで健康な爪に修復した症例

爪全般に関する悩みを健康な爪にしたい方に

この先の内容は、いつまでも健康的な爪で快適に過ごしたい方向きのお話になっております。指先を強くして演奏したい方から、人前に指先が出しづらかった方までもお役立て頂けるようにここで紹介している爪の画像は、当社へご相談頂いた爪の悩みの一例として表示しております。

自爪の力を最大限に引き出せることで、脳からの指令が適切に身体に伝えやすくなり歳を老いても快適に指先が使え、いつまでも元気に身体が動かしやすくなります。病院でも治せなかった爪を健康な爪に改善する技術者として26年間の経験と5万人以上の実績から得た知識を画像を用いて、爪のお悩み全般に関する原因とその対策や爪の健康づくりをご案内いたします。

あなたは画像のような爪の悩みや爪のトラブルはありませんか?

【参考画像】幼少からの爪噛み癖、小さい爪、爪のピンクの部分が長くならない深爪、爪が短い手の症例

幼少からの爪噛み癖と小さい爪と爪のピンクの部分が長くならない深爪と短い爪になっている4本の手の症例

【参考画像】ネイルチップや接着剤からの炎症やただれ、アトピー性皮膚炎、爪をむしったり抜いてしまった後に爪が生えてこない症状、爪がデコボコやガタガタになっている手の症例

ネイルチップや接着剤からの炎症やただれている症状やアトピー性皮膚炎になっている爪や爪をむしったり抜いてしまっている症状やデコボコして変形している手の症例

【参考画像】爪甲剝離症、乾癬によって爪が正常に生えてこない爪、爪がやわらかくて一枚にならない、爪周囲炎や爪甲層状分裂症になっている手の症例

爪甲剝離症と乾癬から引き起こした爪と爪がやわらかくて一枚にならない症状と爪周囲炎や爪甲層状分裂症になっている手の症例

【参考画像】爪が割れる、爪先がかける、爪が上向きに生えている、巻爪になっている手の症例

爪が割れるのと爪先がかけるのと爪が上向きに生えているのと巻爪になっている手の症例

自爪に自信がないって方、結構いらっしゃいます。幼少から自分の爪を見たくなかったとか、好きじゃなかったとか色々と不都合な意見を聞きます。

人に相談したいけど、打ち明けられず色々と遠慮がちになってしまったり、見られたくないように隠したり、ごまかしたり。気分まで左右されることもあるかと思います。

病院に行ってみたけれど思うように解決ができず、どうにかしたいと模索しているうちに、爪や爪回りの皮膚をむしったり噛んでみたり苦労が絶えなかった方もいらっしゃるかと思いますが、日常を過ごす為に爪がどんな役割をしていることが分かることで、健康な爪になるまでのヒントが隠されております。そこから覗いてみましょう。

爪の役割って何だと思いますか?

私達が普段行っている動作であるティッシュを摘まむ、ペンを握る、手すりに捕まる、リモコンのボタンを押すなど日常には必要な動作が爪と関わっています。

【参考画像】爪の役割が日常どのようにして動作に必要であるのかの例ーティッシュを摘まむ、ペンを握る、手すりに捕まる、リモコンのボタンを押す

爪の役割と日常の動作

これらは全て爪があるからできるのです。なぜなら指の先端には骨がありません。骨の代わりに硬い爪が支えになって力をいれることができるのです。

手の爪が健康で丈夫であれば普段私たちが行っている何気ない普段おこなっている動作(物を掴むや拾うなど)も不自由や違和感を感じずに行えます。因みに、爪が硬いのは硬ケラチンという成分(タンパク質)で出来ている為で、カルシウム含量は関係ありません。

【参考画像】健康な爪の正面と断面図

健康な爪の正面と断面図

鉱物の硬さを表すモース硬度というものがありますが、人間の爪の硬さは石膏よりも硬く、琥珀と同程度、もっとわかりやすくいうと象の牙などと同じ硬さなのです。健康な爪であれば強いのです。

【参考画像】正面と横から見る正常な爪と正常に生えてこない爪を比較した手の症例

正面と横から見る正常な爪と正常に生えてこない爪を比較した手の症例

その爪に悩みであるもの例として深爪・変形・剥離などを起こすと指先にかかる負荷を逃がしてしまい、指先を支えきれない為に上手く指を使えなくなります。また、更に爪が傷つく(割れる・欠ける)事を恐れる為に指先の動作を限定した動きにしてしまう事も、指が使いづらくなる理由の一つに挙げられます。これでは、日常生活に支障をきたいしてしまいます。

爪と体の関係について

人間の指先には、脳へ伝える感覚のセンサーがあります。指先が常に脳へ情報を伝えているため、見た目の美と体から作られた美の選択を間違えてしまうと、指先から脳へ伝達がうまく伝わらず体へも正しい情報を伝えることができません。

女性であると指先から爪が長く出ていることが綺麗に見えると思う方もおりますが、見栄えを優先してしまうと日常の動作に対し筋力が弱まり、健康的な爪を作ることを妨げてしまいます。

【参考画像】爪を長くすると綺麗に見えるイメージ画像

爪を長くすると綺麗に見えるイメージ画像

ハイポニキウムにネイルオイルをつけたら爪が長く伸びるかといって爪を長くしている方もいらっしゃいますが、これも同様も爪を長くしたら綺麗になるのだろうと潜在意識がきっかけで不健康な爪へなりかねます。

【参考画像】爪を長く伸ばしても綺麗には生えないイメージ画像

爪を長く伸ばしても綺麗には生えないイメージ画像

このことは手の爪だけでなく足の爪も同様です。しかし、足の悩みにある巻き爪・分厚い爪が生じると、痛みを伴う場合があり痛みをかばいながら歩く事で身体全体のバランスを崩してしまいます。身体のバランスを崩せば更なる弊害(外反母趾・関節痛・腰痛など)を起こす可能性があります。年を取ると筋力が落ちやすくなっていきますので、いつまでも健康な爪をつくることが必要不可欠です。

このことからも、爪が丈夫で健康的である事や爪の役割の重要性を感じていただけると思います。この様な悩みをを起こさない為に、健康的な爪を育てるにはどうすれば良いでしょうか?

【参考画像】爪の悩みや病気はひとそれぞれに違う足の症例

爪の悩みや病気はひとそれぞれに違う足の症例

爪の構造-不健康に生えてきた爪から健康な爪へ

爪は、身体の中で最も末端にある小さな皮膚の付属器官です。爪は爪母で作られ指先に向かってまっすぐに押し出されて伸びていきます。そのスピードは1日に約0.1㎜と休むことなく伸び続けます。さきほどお伝えした通りケラチンというタンパク質からできています。

そして爪は一枚の様に見えますが、実はベニヤ板の様に縦横縦と交互に三層構造になっています。 その三層構造が交互にしっかり爪先まで密着していないと健康的な爪にはなりません。

【参考画像】三層構造でできている爪が剥がれた症例から健康な爪に修復した足の爪の症例

三層構造でできている爪が剥がれた症例から健康な爪に修復した足の爪の症例

不健康な爪と身体の相互関係

爪の悩みを起こすのは、体質やストレスが要因となることもあります。しかし多くの場合は多くの場合は日常の生活習慣が関連しています。

【参考画像】爪が細く巻いてくる、スカルプチャーや深爪矯正をしていくうちに皮膚がただれて炎症している症状、爪が短いのでネイルチップで綺麗に見せていくうちに爪が剥がれて生えなくなった症状、爪をむしっていくうちに正常に爪が生えなくなった症状、爪を噛む癖がある深爪の症例

爪が細く巻いてくる症状とスカルプチャーや深爪矯正をしていくうちに皮膚がただれて炎症している症状と爪が短いのでネイルチップで綺麗に見せていくうちに爪が剥がれて生えなくなった症状と爪をむしっていくうちに正常に爪が生えなくなった症状と爪を噛む癖がある深爪の症例

爪に問題を起こした方の中には、冷え性や浮腫みの症状も起こしていらっしゃいます。冷え性には血行不良と低体温が主な原因と言われていますが、これは、血流が悪いことで代謝にも影響がでているということです。指先に様々な栄養分が届かないだけでなく、体温を末端まで伝えきれないので指先が冷えます。この事が健康な爪の成長の妨げになってしまうのです。

【参考画像】爪先まで爪が張り付かない深爪、爪先から爪が剥がれる、アトピー性皮膚炎でガタガタした爪、剥離してくる爪、爪が分厚く変形する手の症例

爪先まで爪が張り付かない深爪と爪先から爪が剥がれるとアトピー性皮膚炎でガタガタした爪と剥離してくる爪と爪が分厚く変形する手の症例

健康な爪を育てるには、身体も同時に改善する事が回復の近道です。爪が健康になると指先が綺麗に変わります。それだけではなく、手足を正しく動かす事ができるので身体のバランスも良くなります。爪が良くなると最終的には気持ちが落ち着きます。

爪が丈夫で健康的に生えない場合の代表的な要因は

【参考画像】健康的な爪の特徴がわかる指の特徴画像

健康的な爪の特徴がわかる指の特徴画像

健康的な爪は、爪の生え際に爪半月といった名前がついた白いところが出ていて、その境目の色味がハッキリとしています。そして適度にアーチ形を作り、真っ直ぐに爪先に向かって生えます。爪表面(爪甲)の土台が広く、血行良くピンク色がかかってツヤがあります。これが健康的な爪の特徴です。

しかし、不健康になってしまった爪は適度なアーチを描きません。例えば反ってしまったり、平らになってしまったり、逆にアーチが極度に丸まって、内側に食い込むようにきつくなり、真っ直ぐではなく上向きに爪が生えます。爪の土台(ピンクの部分)を長くしようとしても、爪半月がハッキリと出ていなければ不健康な状態です。

【参考画像】健康的な爪と爪の悩みはそれぞれに違いがある手の症例

健康的な爪と爪の悩みはそれぞれに違いがある手の症例

こうした状態は乾燥によるものです。爪床から爪甲にかけて水分と脂分のバランスが乱れると、割れたり欠けやすい爪になるだけでなく、爪先から剥がれて2枚爪になることもあります。また、爪先かけてアーチ形が内側に丸まってくる、逆に爪先かけてアーチ形が外側に広がってくるのも乾燥が原因です。

爪の脇に食い込むように生えていたり、さかむけができていれば爪の調子が悪いサインではありますが、爪の根本である爪半月がどう出ているかでも判断ができます。

【参考画像】爪の悩みはそれぞれに違いがある右手中指の症例

爪の悩みはそれぞれに違いがある右手中指の症例

【参考画像】爪の悩みはそれぞれに違いがある右手人差し指の症例

爪の悩みはそれぞれに違いがある右手人差し指の症例

上記に上げた画像2枚共、同一人物です。1枚は右手の中指、2枚目は右手の人差し指になります。10本均等に健康な爪であれば良いのですが、どうしたら爪のトラブルを起こさない爪=健康な爪にすれば良いのか、それにも共通点があります。

爪に悩むことがない健康的な爪の基準とは

【参考画像】健康的な爪の基準がある指5本の手の症例

健康的な爪の基準がある指5本の手の症例

爪が皮膚と接する部分(爪の根本・爪の脇・爪の先端)が、全てしっかりと安定して密着している状態が「健康的な爪の基準」です。全体的に密着度が強いか弱いかで爪の厚みが変わり、各部分(爪の根本・爪の脇・爪の先端)それぞれの密着度の違いにより爪の向きや形にも影響してきます。

現在の爪が何かのきっかけで、爪の調子が悪くなったとしても、実際の爪と爪の下と爪を取り巻く皮膚組織から成っていますので、乾燥に負けない爪になる習慣を身につければ良いことです。

【参考画像】爪がデコボコした病気から健康な爪へ修復した親指の症例

爪がデコボコした病気から健康な爪へ修復した親指の症例

上記の画像は、長年悩んでいたデコボコした爪の病気から「健康な爪」へ回復したものです。爪が変形したり、爪周りの皮膚が荒れてきていても、これからの爪を修復する専門的なネイルケアで健康の爪が生やせます。

【参考画像】幼少から爪噛み癖があった深爪から健康な爪へ回復した手の修復症例

幼少から爪噛み癖があった深爪から健康な爪へ回復した手の修復症例

上記の画像も幼少から爪噛み癖があった深爪ですが、これから生えてくる爪をどう修復するかによって綺麗な指先へ変われます。爪を噛む癖がなくなった、又は爪を噛むことを止められるようになったけれど、爪の土台のピンクのエリア(ネイルベッド)が長くならない症状も専門的なネイルケアで爪の土台も修復できます。

【参考画像】爪先や爪の脇から爪が剥がれる爪甲剥離症の修復症例

爪先や爪の脇から爪が剥がれる爪甲剥離症の修復症例

爪先や爪の脇から爪が剥がれること(爪甲剥離症)が長年あった場合、回復するまで個人差はありますが、爪が良くなる希望を持ってこれから生えてくる爪をメンテナンスしてみて下さい。快適に指先が使える時の気持ちが安心できるようになっていきます。

まずは今日から試しましょう。【健康な爪のための第一歩】

健康的な爪を作るための第一歩として、現在の爪の写真を撮って記録して下さい。爪は急激に変化をしませんので、ネイルケアを始める前と始めてから日数を置いて比べてみると、爪の変化が実感できます。空いている時間にスマホで大丈夫です。

【参考画像】爪の悩みを修復する為にスマホで爪の写真を撮る

爪の悩みを修復する為にスマホで爪の写真を撮る

こちらは実際にkainaをお使いのお客様がご自身の爪の変化をメールで画像をお送りいただいた一例です。北海道にお住まいのAさん。毎月のようにメールで爪の様子をお送りくださいました。画像を見て頂くと徐々にデコボコしていた爪が、正常な爪に修復していくのが分かるかと思います。爪の変化を実感できる事が、ネイルケアを継続していくモチベーションになります。

【参考画像】デコボコしていた爪が正常な爪に修復していく手の症例

デコボコしていた爪が正常な爪に修復していく手の症例

毎月一回爪を撮影して爪の変化の記録をつけていただく事をお勧めしております。爪の変化の記録する事で、ご自身で爪を管理する習慣が身に付きます。

kainaのオフィシャルショップサイト kainaオンラインショップでご購入を頂きますと、26年5万人以上の爪トラブルの改善実績のある専門スタッフによるメールカウンセリングも無料で実施しております。

日常の心がけ - まとめ

今までご自身で作られた習慣は、もしかして爪を思うように生やせなかったこともあるかもしれません。セルフネイルケア以外でできる新習慣を知ってみて、今までの習慣と比較してみて下さい。ちょっとしたことで健康な爪に変わっていきますよ。

日常生活の心がけ その① | 手洗い

清潔を保つ事は大切ですが、手の洗い過ぎやハンドソープを使い過ぎは手の皮脂を必要以上に剥がしてしまい乾燥しやすくなります。これが爪トラブルを引き起こす要因の一つとなります。

  • お湯で洗わない(皮脂を溶かしやすい)
  • アルコールが含まれていないウェットティッシュなどで手を拭く(手の洗い過ぎを防ぐ)
  • コットン製のハンカチや手ぬぐいで指先までしっかり水気を取る(余った水分が乾燥を促進させます)
  • ハンドドライヤーは極力使用しない(急激な乾燥は爪に負担がかかります)
  • 手洗い後にはkainaを塗る(油分の補給)

対策としましては以上などです。とにかく、手や指先を乾燥させない様に心掛けていだたきたいと思います。

日常生活の心がけ その② | 爪の切り方

2週間に1度は爪を切りましょう。爪切りで切った後は、ネイルファイルで断面を滑らかに整えると衣類などに引っかかって爪を傷める事はありません。ただし、爪を傷つける恐れがありますので、爪の表面にネイルファイルを当てない様に気を付けて下さい。

また、伸びてきた爪の白い所を全て切ってしまう方がいらっしゃいますが、これは深爪の原因となる可能性があります。深く切って現れた皮膚が乾燥により硬くなり伸びてきた爪が爪床に張り付きにくくなる為です。適正な白い所の残し方は、手の平から指先を見た時に1㎜程度出ている位がちょうどいいでしょう。

日常生活の心がけ その③ | 健康な自爪を作る習慣を身に付ける

その習慣とは2点あります。

第1点目は、意識すればどなたでも簡単に始められます。指先を温める運動です。10秒間手を強く握り開くを何回か繰り返したり、片方の手で片方の指を強めに力をいれて曲げるです。この運動をすると、指先だけでなく手全体から身体も温かくなります。血流が良くなり冷え性が軽減されます。

第2点目は、kainaを使った毎日のネイルケアです。指先から指全体へとマッサージしながら塗り込む事で血流を上げ、これから生えてくる爪へ栄養を送ります。

すぐに結果はでませんが、ネイルケアは継続していただく事で効果を発揮します。毎日の指先の運動とネイルケアで数カ月後には自爪の変化を実感していただけると思います。

日常生活の心がけ その④ | 日常生活の改善

戦争を体験した世代の先輩達は、大変な食糧不足の時代を過ごし栄養環境が悪い中を生き抜いて来られました。そして、現在でも健康に長生きしていらっしゃる方がいます。そんな先輩方の爪はとても良い爪の作りをしています。

一方で、現代の食糧環境は豊かになり誰もが食べたい物を食べたいだけ食べる事ができる時代に関わらず爪を含め身体に対して不安を口にする方が多い様な気がします。自らランニングやジムに行くなど、意識して身体を動かそうと思わないかぎり必要以上に動かなくても生活できる便利な世の中になりました。

どんなに、栄養価の高い物を食べてもそれを身体の隅々まで送る血の巡りが悪ければ栄養は届きません。大切な事は、適度な運動とバランスの摂れた食生活です。身体の中から改善する事が爪の改善の近道になります。

日常生活の心がけ その⑤ | まとめ

「健康的な爪を作る」日常の心掛けとして①~④までご紹介してきました。爪トラブルの改善・回復は、風邪の様に薬を飲めばすぐに効果が出るものではありません。

毎日「健康的な爪を作る」日常の心掛けが、徐々に身体に働きかけて健康的な爪を作るサイクルを生み出します。人間身体には、誰にも治癒力が備わっています。その治癒力を上げるには、やはり適度な運動とバランスの摂れた生活です。それにプラスして、kainaでネイルケアを行っていただき健康的な爪を手に入れていただきたいと思います。

注目の記事

広告だけでは語れない。皆様と爪と上手な付き合い方

小さなことからコツコツと この言葉はご存じですか? そうですね、西川きよしさんの有名な言葉です。世の中には歴史的な偉人が残した名言といわれ…

おすすめ記事

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る