危険な爪の常識

trouble-list_1

誰もが快適に日常生活をおくるのに、最も身近で欠かせない指先の爪です。その爪に対し、「使いやすさや勝手な思い込み」が原因で、不健康な爪になる悪い方向へ発展してしまうことが多々あります。ご自身で考えた爪へのこだわりや認識があだになって、トラブルを起こしてしまう様々な例をまとめてみました。

危険な爪の常識 | 接着剤

trouble-list_glue2

trouble-list_glue1

接着剤を爪表面に塗ると、爪の表面は硬くなりますが、爪は外気に向けて水分を発していますので、爪表面を密封してしまえば爪の水分から蒸発が出来ません。その時は、硬く使いやすく、ギター演奏する時に良い音色が出ても、爪が蒸発できないと、爪が柔らかく生えていきます。

爪が柔らかいと、これまでのご自身が感じていた指先とは違った感覚に違和感を覚え、自律神経の乱れが生じていきます。自律神経が乱れれば、指先が震える症状や認知症になりやすくもなります。ギターをいつまでも楽しむ為にも、ご自身の自爪が本来持っている強く健やかな状態を大切にしてください。

危険な爪の常識 | ネイルチップ

trouble-list_nailtip1

trouble-list_nailtip2

ネイルチップを爪に貼りつける接着剤は、両面テープや接着剤など様々にあるようです。上記の「接着剤」で述べたように爪が水分を外に蒸発できない環境をつくると、剥離(爪床に爪が張り付かないで生えること)を引き起こします。ネイルチップと爪の隙間に水分が溜まり、細菌を繁殖しやすい環境を作ります。

また逆に現状の指先が乾燥しやすいと、皮膚が異変を感じ取り誤って乾燥させるように働きかけます。ネイルチップを剥すと共に、余分な爪や皮膚を剥してしまう為、剥離を引き起こしてしまう原因を作ります。ネイルチップを付ける目的や都合があると思いますが、ネイルチップに頼らない強い自爪を健やかに育ててみてはいかがでしょうか。

危険な爪の常識 | ジェルネイル

trouble-list_gel1

trouble-list_gel2

ジェルネイルは爪に良いか悪いか、未だ誤解をされた質問を受けますが、ジェルネイルをする目的や用途、工程や日常の扱い方などによって一概に判断しがたいのが実情です。

ジェルネイルをつけて良い爪であったとしても、扱い方やメンテナンスを間違えると、爪の病気を引き起こします。仮に工程通りにやったとしても、日常の使い方、爪や体調が合わないことなどあると、爪の病気を引き起こします。

ジェルネイルは取り扱いが簡単ですが、面倒なことを起こすと「忍耐強く」治す手間と時間がかかることも生じてしまいます。ジェルネイルに頼りすぎず、自爪を健やかに育てるケアに乗り換えてみると、ネイルカラーは2週間位維持ができます。最新のネイルカラーは長く持続ができますし、何しろ安全です。

危険な爪の常識 | アクリルネイル

trouble-list_acrylic2

trouble-list_acrylic1

アクリル樹脂製のネイルをすると、爪の硬さや綺麗な出来栄えに魅了されるのも多くあります。最初は簡単にできたとしても、その後のメンテナンスの手間に2、3時間かかるものです。その手間を省きたいと無理に自爪から剥すと当然爪は薄くなります。専門店に任せて仕上げてもらっても、表面的に魅了せられるばかりで、自爪の成長を妨げてしまうことは多くあります。

アクリル樹脂は完璧に見えても、爪が薄く剥がれる分、自爪から手放せなくなります。止め時がつかめないまま、メンテナンスに無駄な間をかけるのであれば、アクリル樹脂に頼らなくても済む強い自爪を健やかに育ててみてはいかがでしょうか。

危険な爪の常識 | 深爪矯正

trouble-list_fukatume2

trouble-list_fukatume1

深爪矯正とは、短い爪や小さな爪の上に人工的なもので爪を保護して長く見せる方法です。アメリカでは、アクリル樹脂で加工する方法が主流ですが、極端に短かった爪が短時間で長くなれます。但し、短い爪、小さい爪であると定着期間は長く持たせることが出来ません。

短い爪に無理な負担を欠ける為、爪回りの皮膚が炎症することや、爪が剥がれ更に短くなるケースも出てしまいます。もしも、深爪矯正をするのであれば、爪の根本から健康的な爪を生やすケアも同時進行するようにして下さい。短い爪であったとしても、これからのケアで爪のピンクが長く伸びた自爪を育てることはできます。

危険な爪の常識 | 医療機関での処置

trouble-list_doctor1

trouble-list_doctor2

医療機関で診療を受けたものの、誤った使い方や日常の過ごし方が不便さを生じてしまうこともあります。治し方は色々とありますが、自分が治せる選択を選ばなければ変わることは出来ません。爪を育てるのは誰かがではなく、自分でしか出来ないものですので、自分が上手くつきあえるものを選択して下さい。今後繰り返し同じような爪を生やさない為にも、自爪本来を強く健やかに育ててみてはいかがでしょうか。

危険な爪の常識 | セルフケア

trouble-list_self2

trouble-list_self1

ご自身で何とかして対処しようと、自分で考えた方法で処置をする方も少なくはありませんが、まずは試してみて少しでも上手くいかない、または気になる点がありましたら早めに相談できる人に話を聞いてもらいましょう。原因を突き止めるより、負けない自分を作ると脳内にあるドーパミンが気持ちを和らげることや、安心させてくれたりもします。自爪本来を強く健やかに育ててみると、自律神経に乱れなく、強い自分を作ってくれます。

注目の記事

kainaのこだわり / concept

23年健康な自爪に特化して生まれた本格ネイルケア kainaは、23年間、様々な爪の悩みを抱えているお客様と向き合い、その悩みを解決す…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る