爪ネイルコラムのクラシックギターレッスン現代ギター教室GG学院の坂場先生

クラシックギターレッスン 現代ギター教室 GG学院 坂場先生

バハネイルでは、最近ますますクラシックギターを演奏する方から爪の相談が増えておりますが、クラシックギターの演奏と爪の関係性が、実際にどのように働きかけるものなのかは私も以前から気にかけておりました。お世話になっている桜井・河野ギターの製作者の桜井さんから、クラシックギターのボディー構造等について細かい説明を聞いていたのですが、実際に演奏をしてみないとわからないと思い、現代ギター社のGG学院のドアを叩いてみることに決めました。

そして昨日、クラシックギター演奏のデビューとして現代ギター教室へ初めて行ってきました。今回は、坂場圭介先生に教えていただきました。

クラシックギターレッスン現代ギター教室GG学院の坂場先生

これまでの人生で、ギターに触れることはほとんどなかったので興奮でした!実際にクラシックギターを手にしてみると意外に大きくてビックリしました。それと、お借りしたギターが、櫻井河野ギター製というのもあってぶつけないように慎重に抱いてました。

「何か楽器をしていましたか?」など、コミュニケーションをとりながら、「まったく、ギター触れたこともない初心者です!」という私に、クラシックギターのギターの構え方や姿勢にはじまり、楽譜の読み方も分かりやすく教えていただきました。

クラシックギターレッスン現代ギター教室GG学院の坂場先生

初めてのクラシックギター教室ということで、今日は右手だけを使ったソ・レ・シの練習でした。坂場先生の教え方はとても丁寧でわかりやすく、本当は体験のワンレッスンだけの予定が、ギター教室に正式に入会して「禁じられた遊びが弾けるようになる」ことを目標に頑張ることになりました。

クラシックギターレッスン現代ギター教室GG学院の坂場先生

坂場先生はとても背が高い方で、先生がギターを持つと小さく見えたのが、私がクラシックギターを抱えると大きく見えます。45分のレッスンはあっという間でしたが、プライベートで教えてもらう必要があることを実感しました。弦に指を当てる時の力加減や、筋肉の伝わり方など見た目だけでは判断できない、まさにクラシックギターの演奏ならではだと実感いたしました。クラシックギターの奏法と爪との関わり方が納得できました。クラシックギターからの音色は、心にゆとりが生まれます。坂場先生ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

尚、ギタリストの爪に関しては、現代ギター2012年8月号にて“爪を良くする健康法”にて、執筆及び取材協力をさせていただいております。ぜひご覧下さい。また、爪でお悩みのクラシックギターを始め、爪を大切にするギタリストの方はぜひ爪の駆けこみ寺ことバハネイルのサロンへご相談いただけますよう、お願いいたします。

現代ギターGGインターネット通販ショップ 現代ギター GGインターネット通販ショップ

※爪を強く健康にする『kaina カイナ』は、株式会社kainaの登録商標です。

爪ネイルコラムのクラシックギターレッスン現代ギター教室GG学院の坂場先生

2011.11.31
爪と私たちの生活 自分らしく、爪を有効に使えてますか?
2012.07.07
山野楽器 銀座本店 クラシックギター販売会 クラシックギタリスト 福田進一氏
2012.07.07
山野楽器 銀座本店 クラシックギター販売会 クラシックギター製作者 河野ギター 櫻井正毅氏
2012.07.08
山野楽器 銀座本店 ギターフロアマネージャー 町田さんの指導によるトレモロ奏法セミナー
2012.07.23
クラシックギターのバイブル 雑誌「現代ギター」 爪を良くする健康法の取材
2012.11.07
2012年11月 弦楽器フェアにてフラメンコギタリスト 沖仁氏
2012.11.08
2012年11月  弦楽器フェアにてフラメンコギタリスト 坪川真理子さん、その他ゲスト
2012.12.01
ギタリストと爪 爪を強く丈夫に生やす方法
2013.01.20
クラシックギター製作者 櫻井正毅氏の工房 河野櫻井ギター見学
2013.02.20
クラシックギタリスト講師 渋谷ギター講師 富川勝智先生 バハネイルにて打ち合わせ
2013.02.27
クラシックギターレッスン 現代ギター教室GG学院 坂場先生
2013.03.10
日本を代表するフラメンコギタリスト沖仁さんが、カイナメソッドによる爪の矯正をご体験
2013.03.21
クラシックギタリストと爪のワークショップを開催受付開始 現代ギター社 GGサロン
2013.04.03
アコースティックギターマガジン”ピック&ネイル”の取材 バハネイルにて打ち合わせ
2013.04.17
アコースティックギターマガジン”ピック&ネイル”の取材 バハネイルにて打ち合わせ (後編)