ギタリストと爪の上手な付き合い方

その他

ギタリストと爪の上手な付き合い方

こんにちは。実はこのブログの話はちょっと古くて、

2017年に開催されたアジア最大の楽器フェアといわれる上海の、

“music china 2017”にkainaも出店した時に書いたブログを元に書いています。

実は数年前から中国でのギター熱については伺っておりました。伺ってはいたのですが、

何せどのように、どんな方達で…など知らないことばかりでした。

実感できるのは、日本国内で定期的に開催されているギターフェスで多くの中国からのお客様がお越しになりブースでもお話をするくらいだったのです。

2017年の上海でのmusic chinaに実際に出展ブースにkaina代表の本間が参加させていただいたことにより、リアルに実感できたというのが大きな収穫だったのではないかと思います。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

中国で人気といえばフィンガーピッキングでのソロギターが多いようです。

フィンガーピッキングといえば、日本でも素晴らしいギタリストの方がいらっしゃいますが韓国や中国でもまた同様に素晴らしいギタリストと多くのリスナーの方がいらっしゃいます。

同じブース内でもお会いしたミュージシャン

ペッテリ・サリオラさん

ペッテリ・サリオラさんは言わずと知れたフィンランド出身の人気ギタリストです。

日本でもとっても人気があり単独の来日公演も行っていますね。

ペッテリさんは、ストロークが力強く、ロックギタリストのように大きく振り下ろしアタックも大迫力ですね。

ベースのチョッパーのように強くたたくタッピングやボディをカホンのようにパーカッシブに叩くスタイルも含めて、爪への負担も考えられますので、ネイルケアもさせていただきました。

ご本人にも伺ったところ、ストロークの強弱なども会場によってまちまちで

music chinaのようなイベント会場ですとまわりの音が大きいため、自ずとプレイも大きくなり、爪にも負担がかかるけど、静かな会場ではまた違った演奏をされるというお話でした。

お人柄、そして演奏、全てにおいてやはり噂通りの方で、日本でも多くのオーディエンスを魅了されています。

伍伍慧さんの場合

日本からのゲストとして招かれていた伍伍慧(ごご さとし)さん。

情感豊かで心にじんわりと伝わってくるギタースタイルは国内外で人気なのも頷けます。

ペッテリさんが大きなストロークやピッキングでお客さんを盛り上げるタイプとは対象的に、

伍伍さんは優しく心に響く演奏スタイルでとても心に響きました。

今後の活動がますます気になりますね。

またもうおひと方。

中国でとても話題の天才ギター少年の刘嘉卓さんの演奏もとても素晴らしかったです。

まだ10代前半の天才ギタリストLiu Jiazhuoさん。

まだお若いギタリストの方ですが、ますます活動が楽しみです。

爪は日頃から演奏以外にも、外気の乾燥や石鹸の手洗い、摩擦等で酷使しますね。

様々な要因の中でもっとも使う体の部位ともいえます。

日常生活を送っている限りこれは避けて通ることはできません。

爪をいたわることの最も大切なことといえば保湿です。

爪を守ることと爪を育てることなのです。

一時的に補強をしたりすることはあっても、大切なのはこの2点ではないかと思います。

多くのギタリストの方が意識していること。

意識しているようで意識できていないこと。

kainaはこうした問題をとてもカンタンに解決できるように

様々な工夫をしています。

これまで爪のケアを何もして来なかったという方も一度ご自身の爪を向き合ってみて下さい。

深爪・爪の異常の改善のために お手入れの基本

コメント

タイトルとURLをコピーしました