爪が割れる理由とケア方法をマスターしよう

ネイルケア

爪が割れる理由とケア方法とは

と気が付いたら爪が割れていた。

うかつだった。

そんな経験はありませんか?

初めてのお客様と打ち合わせだというのに。

なんてタイミングが悪いんだ。

指先(爪先)は相手の視線が集まります。

どんな印象を持たれるか?

今日はそんなとっさの爪割れのために、

爪割れのための原因と予防対策、等について

書かせていただきます。

爪が割れる原因

①爪の乾燥

空気が乾燥すると、皮膚もカサカサと乾燥します。

爪もおんなじことなんです。

なぜかといえば、爪は皮膚の末端の組織ですから、同じように

乾燥します。

髪の毛と同じように考えても良いかもしれませんね。

では、なんで乾燥すると割れるの?

爪が乾燥するのは、水分、脂分が不足した状態です。

寒くなると食器洗いや顔を洗うのもお湯を使いますね。

高い温度で洗い物をすると、

爪の脂分まで落としてしまいます。脂分を欠いたままでいると、爪は水分も失い、乾燥していきます。

爪の適切な水分量は13%~17%

ちなみに肌の水分量は40~50%が理想的です。

水分、脂分が不足すると爪の厚みがなくなります。つまり、

乾燥すれば爪が薄くなってしまいます。

②不規則な生活

バランスの悪い食事、暴飲暴食、そして暴飲暴食により薬を服用することで体に負担をかけます。

そして、食事に関しては、爪が割れやすいのはビタミンA不足です。ケラチンを作るためにも必要です。

鶏肉(レバー)、豚肉(レバー)、あんこうきも、うなぎ(きも)、レバーペースト、うなぎ(かば焼き)、ほたるいか、牛肉(レバー)、ぎんだら、あなご、しそ、ニンジン、パセリ

③爪の切り方 

爪の周りにささくれが沢山出来ていたり、

爪の脇に硬い皮膚ができたりしたら、

爪はかなり乾燥している証拠ですね。

爪切りでパチンと切った衝撃で爪に亀裂が入り、そこから爪が割れやすくなります。ネイルファイル(爪やすり)で爪の長さや形を整えてあげるようにしてみて下さいね。

④爪の縦線の間違ったケアで爪が割れることもあります。


爪は縦・横・縦の3層構造で1枚の爪を作っています。

爪の表面にやすりをかけることで、

一番上の爪の層を削り落とすことになり、

縦線が消えたし、爪が綺麗になったように

感じますよね。


しかし、この行為は単に爪を薄く傷めているだけなので、

何かの衝撃で写真のように爪が割れることになってしまいます。

 

爪が割れる=枯れ枝のような状況にしない為には、

どうしたらいいと思いますか?

お肌の乾燥には ⇒ 保湿

髪の乾燥には  ⇒ トリートメントで保湿

ということは、爪の乾燥にも大事なのは

やっぱり保湿です。

爪の保湿にはkainaカイナカイナクリームカイナジェル

お客様に良く聞かれます。


「ハンドクリームじゃダメなんですか」
「保湿するオイルなら何でも大丈夫ですよね」


私もkainaの試作品を作っていたころ2枚爪に悩まされていました。


その当時お店(バハネイル)で扱っていた

某メーカーのネイル用のキューティクルトリートメント剤を

使ってみたりしました。


マニキュアのようにビンに入って刷毛で

塗るタイプは手間がかかりました。

ペンシルタイプは冬場は固まって出てこないし、

酸化による劣化で変なにおいもしてきたり、
kainaカイナの試作が出来上がり半信半疑で使い始めました。

kainaナイトジェルはオイルをジェル化したことで垂れたりしないし、ポケットやカバンに入れて持ち歩けるので、気づいたら、二枚爪になっていうる両手人差し指に揉みこみました。(多分一日に6回~10回)

そうしたらなんと一ヵ月で二枚爪の悩みから解放されました。

発売以来カイナで爪まわりの皮膚を保湿する習慣がついた今私の爪は厚みも出て、硬くて丈夫な爪になっています。

人に見せると「これ本当に何もしていない爪?」

と驚かれました。(笑)

二枚爪や爪わ割れる悩みなんて今となっては皆無

爪が割れる=爪の乾燥が原因


      
乾燥には保湿=爪の保湿ならkainaカイナ

      ↓

※このブログは2014年11月29日のブログを編集したものです。

爪が割れる 爪トラブルには最適のセット。

今日からとっさの爪割れ対策始めませんか?

また、カイナオンラインショップでお買い求めを頂きますと、

メールで爪のご相談もできます。ぜひご活用下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました